会社設立・許可申請、ビザ申請、内容証明・示談書作成、遺言書作成・相続手続など−埼玉県川越市 小杉行政書士事務所

 

小杉行政書士事務所    ※電話かメールで気軽にお問合せを

 

面倒な手続や法務書類のことはおまかせください!   あなたの街の行政書士です

代表者

 

事務所所在地

 

所 属 

行政書士 小  

 

350-1151 埼玉県川越市今福661-12  電話番号 049-249−6500

 

埼玉県行政書士会所属 登録番号第98136831号

 

プロフィール

 

経歴等

詳しくはこちらのプロフィールをご覧下さい

 

所長のブログはこちらから

 

 

 

相続各論について

 

相続とは何か

 

誰が相続人となるか

 

法定相続分とは

 

法定相続分以外の相続

 

特別受益者と寄与分

 

遺留分とは

 

相続放棄とは

 

相続人による遺産分割協議

 

 

 

1.遺言書の作成について

自分に当てはめて考えましょう

 

2.遺言の方式について

法律に定める方式以外は無効です

 

3.公正証書遺言と遺言執行者

これが一番安全・安心・確実です

 

4.遺言書作成と相続業務

業務のご案内

 

5.相続人の確定調査について

戸籍の取り寄せ等

 

6.相続対策について

相続対策の必要性

 

7.公正証書遺言と遺言執行者

 相続人の立場から

 

 

 

【遺言・相続に関するご相談について】

 

当事務所では、遺言書作成や相続に関する相談を随時受付けております。遺言書の内容や遺言の方法、相続対策、遺産分割協議など、遺言書や相続に関する様々な事柄について、行政書士がご相談に応じます。

お電話あるいはこちらの業務依頼・お問合せのページから、まずはお問合せ下さい。

 

 

 

【 相 続 手 続 に つ い て 】

 

相続の手続は、「速やかに」かつ「確実に」行うことが大切です。手続を怠っていると権利関係があいまいなままになってしまったり、さらに二次相続が発生したりして収拾がつかなくなってしまう恐れがあります。また遺産分割に当たっても相続人間で協議の上で確実に書面を取り交わしておかないと、後々トラブルの元となります。特に相続人の関係が複雑であったり相続財産が多岐に渡るケースなどはなおさら慎重な手続が求められます。

 

 一旦相続の手続が終了してしまうと、後から修正することは非常に困難となります。あいまい、あやふやなまま安易に相続手続を進めることは避け、一度は専門家のアドバイスを受けることが賢明です。

 

 

気軽にお問合せください!

小杉行政書士事務所

行政書士 小杉 幹

埼玉県川越市今福661−12

TEL.049−249−6500

お問合せはこちらから

 

 

遺言書を作成すべき5つのケースとは?ー遺言書作成のお手伝い

 

 

小杉行政書士事務所

埼玉県川越市今福661-12 TEL.(049)249−6500

 

 

電話かメールで気軽にお問合せください

 

トップページ

業務依頼について

お問合せについて

問合せメール

基本報酬額表

プロフィール

所長のブログ